So-net無料ブログ作成


百田尚樹 海賊とよばれた男 [文学・本]

百田尚樹「海賊とよばれた男」の感想です。

傑作です!

賞賛の言葉以外、見当たりません。
読みながら何度感激の涙を流したことか・・・。

主人公・国岡鐡造が石油ビジネスで成り上がっていく過程を通して、
明治・大正・昭和の激動の日本を見事に描いています。

大中小を問わず、会社経営者の方すべての人に読んでほしい本です。
会社とは何か、経営とは何か、経営者はどうあるべきかを教えてくれる小説です。

全盛期の黒澤明監督&三船敏郎コンビで映画化出来たらなあと思いました。
脇役には、仲代達也、志村喬、藤田進などの名優を揃え、
主人公・国岡鐡造の妻には香川京子です。

三船敏郎は、主人公の国岡鐡造のイメージにぴったりで貫録があるし、
黒澤明監督ならきっとこの小説を気に入ったでしょう。

それはさておき・・・。

物語は昭和20年8月15日に始まります。
国岡鐡造は、妻と娘たちを疎開させていた地で、敗戦を知ります。

茫然自失としながらも、日本の復興を信じて、
会社を立て直すために東京に戻ります。

幹部たちからリストラはやむをえないという声に断固反対して、
国岡鐡造は、社員を誰1人クビにしないことを明言。
そのために私財を投げ打つ決意をします。

そこから2年間は、まさになりふりかまわずに仕事を探し、
本業以外のことでお金になる仕事を得て、
艱難辛苦の末、昭和22年に待望の石油ビジネスに戻ることが出来ます。

そこまでの2年間を描いたのが、序章及び第一章「朱夏」です。
主人公・国岡鐡造の60才~62才までの2年間です。

そして、第二章「青春」では、時代をさかのぼり、
国岡鐡造誕生の明治18年~昭和20年の敗戦までが描かれます。

若き国岡鐡造は、生涯の恩人である日田重太郎から出資金を得て、
25才で事業「国岡商店」を立ち上げます。

日田重太郎が国岡鐡造が独立したいのを見抜いて、
出資をすることを伝えるシーンは目頭が熱くなりました。

第三章「白秋」は、時間軸としては、
第一部のラストからの続きとなります。

国岡鐡造が国内外のあらゆる難敵と戦いながら、
イランの石油を輸入する過程を描いています。

第四章「玄冬」は、昭和28年~49年まで。
国岡鐡造が亡くなるまでを描いています。

大長編ですが、読み終えて、またすぐに読みかえしたくなりました。

尚、国岡鐡造は出光興産創業者・出光佐三がモデルとのことです。
この小説を読んで、出光佐三がいかに傑出した人物であったかがわかりました。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
[PR]SEO対策テンプレート
seo great banner
track feed 喜怒哀楽日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。